解剖学

【足・足首の解剖学】初心者向けに複雑な構造をわかりやすく解説

足

足首は足関節といいます。また足首に足の甲や足の裏側を含めた部位を足部といいます。

解剖的にもは非常にややこしい部位で、パーソナルトレーナーになろうと志したときに一番苦労して覚えていた記憶があります。

現在でもたまに見返さないと忘れてしまう部位でもあるので、この記事では自身の復習も兼ねて、足関節・足部の解剖学にフォーカスして記事を書いてみます。

足・足首を構成する骨の数

腕・肩・股関節なんかは骨の数が少なく、シンプルで覚えやすいのでサクサクと勉強できます。

しかし、足の骨はその数が多く、関節も沢山あり複雑です。これが苦手意識の原因になってしまうんです。

ちなみに足を構成する骨だけで26個あります。

足の甲側から

足の裏側から

解剖学的区分

機能的区分

出典:坂井建雄 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院

骨の解剖図を見るだけで実にややこしい……。

と同時に人間の身体の神秘も感じます。

 それぞれの骨の名称

身体に近い方から順番に骨の位置や名前を見ていきましょう。

身体に近い所(近位)

距骨と踵骨です。下の図を見てください。

右足の内側から見た図

右足の外側から見た図

出典:坂井建雄 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院

小さいのが距骨、大きいのが踵骨です。踵骨はいわゆるカカトになります。

この2つの骨重なって(距骨が踵骨に乗っかる)、距骨下関節(きょこつかかんせつ)という関節を形成します。

続いて下の図を見てみましょう。両方の骨に関節を形成するための面が3つありますね。分かりやすく白っぽくなってます。

この3つの面(前・中・後関節面)が合わさって距骨下関節を形成します。

右足の甲側から見た図

右足の裏側から見た図

右足の内側から見た図

出典:坂井建雄 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院

この内の一番後ろの後距骨関節面後踵骨関節面、いいかえれば後関節面が、距骨下関節面全体の70%以上占めるので、この関節の動きの主役になります。

この関節は足先を左右に動かしたり、内返し、外返しの役割があります。

踵骨の前2つの関節面(前・中関節面)は舟状骨とともに距骨を挟むという見方もあります。

この考え方を距踵舟関節(きょしょうしゅうかんせつ)といいます。

手書きです。わかりにくいかもしれませんが、見てのとおり、舟状骨と踵骨は、距骨を挟み込むことで距骨の安定を担っています。舟状骨と踵骨自体は直接関節を形成していません。

ちなみに距骨の安定がなぜ大切かというと、距骨が不安定だと足と脚の力の伝達に問題が生じる為です。

足は足首より下の部分、脚は足首より上の部分を指します。

実にややこしい……。理解するのに疲れましたか?(笑)

次に踵骨の前方の独立した関節面についてです。

この関節面は立方骨踵立方関節(しょうりっぽうかんせつ)を形成します。(下図参照)

踵骨の前方関節面

出典:坂井建雄 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院

距骨の上面(足の甲側から見て)は滑車上になっていて、前が広く、後ろは狭くなっています。この滑車の部分と脛骨、腓骨とで距腿関節を形成します。

足先を上下に動かす役割があります。

滑車部分は後ろが狭いために、立った状態からかかとを持ち上げたとき、または足先が下を向いたとき(底屈動作)に、関節面はこの後ろの狭い部位に載るので、不安定になります。

右距骨を上から見た図。距腿関節の関節面前方が広くなっている。

出典:坂井建雄 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院

脛骨と腓骨はわかりやすく言い換えると、内くるぶしの骨が脛骨、外くるぶしの骨が腓骨です。

外くるぶしは内くるぶしよりも1cmくらい長く、距腿関節の安定性を高めています。内くるぶし側の関節は一見弱そうですが、その短さを補うために、強力な靭帯で補強されており、じつは内側の方が動揺性が少なくなっています。

外くるぶしは骨そのもので安定をとるために、靭帯構造が弱く、中でも外くるぶしの前側にある前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)が特に薄く弱い靭帯のため、安定性があまりありません。捻挫をするとほぼこの靭帯を痛めます。

脛骨・腓骨と距骨の関節解剖

右足内くるぶし側(内果側)

右足外くるぶし側(外果側)

右足足関節

出典:坂井建雄 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院

距骨下関節距腿関節とをあわせて、俗にいう足首(足関節)となります。

中心部分

足の骨の中で中心にある骨を舟状骨(しゅうじょうこつ)といいます。

ちょうど距骨と楔状骨(けつじょうこつ)の間に位置します。前方に3つのへこみがあって、3つある楔状骨と関節を形成します。後方は距骨と関節を形成します。

右足の舟状骨前方から見た図

上図の断面位置

出典:坂井建雄 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院

身体から離れたところ(遠位)

舟状骨のさらに外側のラインに一直線に並ぶのが、内側楔状骨、中間楔状骨、外側楔状骨、立方骨です。

右足立方骨、楔状骨を前方から見たところ

出典:坂井建雄 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院

楔状骨は内側3本の中足骨と、立方骨は外側2本の中足骨と関節を形成します。

この横のラインをあわせてリスフラン関節(足根中足関節)といいます。

ほんとややこしいですね……

ちなみにさらに手前側の、先ほど説明させて頂いた距骨、踵骨と舟状骨、そして立方骨を合わせたラインをショパール関節(横足根関節)といいます。

出典:坂井建雄 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院

この二つの関節にも役割があるんですが、今回は割愛します。なぜならこれだけで記事にできちゃうくらいややこしいからです(笑)これについてはまた続編でアップしたいと思います。

足と足首
【足・足首の運動学】初心者向けに複雑な動きについて解説前回の記事では足を構成する骨についての解剖をテーマにしました。 関節がめちゃくちゃ多くてホント複雑でした。 前回の記事で簡単...

中足骨

5つの骨で構成されます。身体に寄り近い部分では、楔状骨と立方骨で関節を作り、足指に近い方では、5つの基節骨と関節を作ります。

かかとから大きな腱膜が通り、さらに深いところで細かな靭帯がたくさん通ります。体重やショックを吸収するために足の弾力性を維持するのに、重要な役割を担います。

(足の内側から見たところ)

出典:坂井建雄 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院

やっとシンプルな構造になってきた……。

指節骨

基節骨、中節骨、末節骨からなり、いわゆる足の指(趾)にあたる部分です。構造は手の指とよく似ています。

親指(母趾)だけ中節骨が無く、2この骨で構成されています。中足骨との関節部の下部には種子骨があって、体重からの圧力を弱めたり、腱の滑車としての役割があります。

出典:坂井建雄 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院

スポンサーリンク

さいごに

なんだかプロ向けの記事になってしまいました笑

とにかくこれだけ骨があると、関節も沢山できます。それぞれの機能も異なるので、覚えるのが大変ですが、まずおおざっぱにイメージできるようにすると良いと思います。(私もすぐに忘れてしまう……)

スクワットやデッドリフトなど、地面に足をつけて下半身を動かすエクササイズは、足の部分が健康でないと、うまく動けません。逆に足部のコンディショニングが上手いくと、しゃがみやすくなったり、着地動作で安定感が増したりします。

ということで、パーソナルトレーナーの方は特に足部もしっかり勉強しましょう。

ちなみに今回で引用した解剖図はプロメテウスという解剖書です。

とても綺麗で精細な絵なので、とても勉強になります。お勧めです!!

こちらも併せて紹介させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUT ME
相馬達也
相馬達也
「ウエイトトレーニングと鍼灸マッサージで日本を元気に!」を天に与えられた使命として日々試行錯誤しているパーソナルトレーナーです。1児の父でもあります。身体のことならお任せください。
RELATED POST